歌詞

snow line

ALvino

作詞
作曲
KOJI

降り積もる言葉と雪が混じり 僕の所にまだ届かなくても

白い空に創る君の形を一つずつ愛しているから


振り返る瞳に息が混じり 君の顔に雪が触れてなぞった

あの冬の二人からこの線を越え ふたつだけ足跡残し歩こう


突然曇りだした顔迷い続けた日々

毎日君の事を考えて朝を迎え


何度も通った店の道のりも 通り過ぎてため息だけ

どうすることも出来なかったから 止まないでと祈りだした…雪が…


降り積もる言葉と雪が混じり 僕の所にまだ届かなくても

白い空に創る君の形を一つずつ愛しているから


振り返る瞳に息が混じり君の顔に雪が触れてなぞった

あの冬の二人からこの線を越え ふたつだけ足跡残し歩こう


気取った言葉も残さず不意に走り出した

君から残る言葉はあの頃と違っていた


何度も君の名前を開いて 確かめては閉じた画面

声が聞きたくて奇跡を描いて 覚めないでと祈りだした…雪が…


樹々が揺れだし落ちた結晶が綿帽子を作りだしてた

君のフードに

白と銀の世界で離れだした道気付かれずに消えてしまうのだろう

君の記憶も…


降り出した雪の中光が混じり 僕の所に今届いた言葉

僕の空に映る君の笑顔も涙さえ愛してたから


降りしきる雪も今すべてを包み 風の唄も消えて君を見つめた

もう戻らない冬にこの線を越え ふたつだけ足跡残し歩くよ

提供: うたまっぷ