歌詞

暖炉

Hysteric Blue

作詞
たくや
作曲
たくや

歩いている坂道の 草も木も白く眠り

帰り道のため息も 一年振りに凍った


耳にそっと吹きかける 君の声が好きだけど

受話器の向こうからでは それが聞こえなかった


寒かったよね 辛かったよね

寂しかったよね 同じだったのね


昨晩からの粉雪が しんしん深くなってく

ほこりかぶった暖炉も 今日はあかくなってる


赤い鼻見て 少し笑おう 温まるように 手をつないでいよう


寒かったよね 辛かったよね

寂しかったよね 同じだったのね


好きで 大好きで あなたを見て 涙あふれた

指先に 耳元に あなたがいて 今日は 暖かい


優しい太陽が 全てを照らすから

冷たい思い出も 溶けてゆくよね


大好きが 多過ぎて あなたを見て 涙あふれた

偶然が 運命が 不思議な程 今日は 暖かい


好きで 大好きな あなたと居て 本当良かった


歩いてる坂道に 2つの足跡 ぽつり

帰り道のため息は 白いダイヤになった

提供: うたまっぷ