歌詞

Fairy

Hysteric Blue

作詞
Tama
作曲
たくや

街へ出れば まるで何も無かったかのように 流れて行く

そんな中で 誰にも気付かれないように こっそりと 涙をのみこんだ


幾つもの出会いの喜びと別れの悲しさも 分かっていた

ありふれたくり返しの中で キミがいた時間だけは本物だった


「桜が散る…」 そんな思いも 夏が来れば 忘れてしまう

そんなふうに 季節の風が 枯れた花びらを 運んで行く


あぁ はるか遠い記憶 頭の中 おどる

壊れそうな胸に 優しすぎて泣いている


純粋な緑で今まで 踏み潰してきたもの 思い出した

帰る場所が無かったあたしに 「いつでもまたおいでよ」と伝えてくれた


雨が降って 全部流れて そして固まってしまえばいい

アスファルトが 乾く頃には 新しい光がさしこむ


あぁ はるか遠い記憶 頭の中 おどる

今でもなお 愛しい キミに 永遠の愛を…


「桜が散る…」 そんな思いも 夏が来れば 忘れてしまう

そんなふうに 季節の風が 枯れた花びらを 運んで行く


あぁ はるか遠い記憶 頭の中 おどる

愛しすぎる 罪のない 天使のねがおから

言葉もなく 「サヨウナラ」 怖い夢は おしまい

目を開けば そこには 新しい未来が ある

提供: うたまっぷ