歌詞

Fake Five

Hysteric Blue

作詞
たくや
作曲
たくや

霧雨の昼下がり

寒がりの小鳥達

飛び立った


はるかなる 雲の向こう

未だ見ぬ世界 噂だけ


「あふれる愛が そこにはあるという

情や義理が そこにはあるという」


希望で高なる 鼓動にまかせて


力強くはばたいてゆく

小鳥達を打ちつける雨


次第に強く吹き荒れども

鳥は 目指す 陽が出づる国へと―――


―――日曜日昼下がり

また痴話ゲンカ 行き違い


いい加減 目の前から 消えて欲しい

ウザい 言葉は すでに聞きあきた


そうすれば もっとスッと

どうせなら 大げさに


消えた恐怖 見えた常軌

何かおかしい 束の間の悲劇

流れつづく 真紅いなみだが

呼び起こした 失くした正気―――


―――もう どれくらい 来た?

ねえ もしかして 着いた?


雨は 至極 羽を 扱く

飛べない 鳥は 互いの胸を

大きな 両手で おおいながら

やがて 眠る 夜明けを待ちながら…

提供: うたまっぷ