歌詞

霙 -mizore-

サガユウキ

作詞
サガユウキ/井手コウジ
作曲
サガユウキ

雨まじりの雪が 二人、冷たく包む

胸の奥で凍りついた 幾千の声


誰かの優しさ傘にした時もあったけど

君に触れた温もりが 指を伝う


霙、舞い落ちる季節に

君の痛みを溶かして

雪になれない泪粒

僕が手にしよう

霙、降る空に


「欲しいものは見えないもの」 そう言ったけど

今じゃそれも奇麗事と 笑い和えるよ


未来を重ねてみる度に 馴れた感覚で

悦びすら忘れるほど 満たされてく


霙、降り出した季節に

二人心響かせて

いつか目に見えない傷を

僕が受け止めよう

霙、積もる夜に


残る小さな灯火を

此処でずっと見守るよ

遠く明日へ届くまで

僕は唱うだろう


霙、舞い落ちる季節に

君の痛みを溶かして

雪になれない泪粒

僕が手にしよう

霙、降る空に

提供: うたまっぷ