歌詞

砂時計

テゴマス

作詞
清水昭男
作曲
清水昭男

音のないサヨナラには 切なさが滲んで

君が背中を向けたその時 涙が急にこぼれた


そして通り抜けられない 迷路の中に 君を探す


心はどこまで 痛みを背負えるだろう?

砂時計は 最後の一粒だけ

まだ少しためらってる


信じてた君と出会い 恋をした気持ちを

それ以外には何もいらない それが全てと思ってた


なぜか大切に思う程 傷つけてたり 傷ついてる


忘れてしまえば どんなに楽なんだろう?

砂時計は 最後の一粒だけ

まだ少しためらうけど


心はどこまで 痛みを背負えるだろう?

砂時計は 最後の一粒だけ

まだ少しためらうけど


忘れてしまえば どんなに楽なんだろう?

砂時計は 最後の一粒だけ

まだ少しためらってる


いつまでもためらってる

提供: うたまっぷ