歌詞

恐竜のヘリコプター

Jungle Smile

作詞
高木郁乃
作曲
吉田ゐさお

キンモクセイがたちこもる 芝生の丘へ

フェンス跳び越える 上履きのままで

午後の授業のチャイム 後ろ髪引くけど

晴れすぎた空が 手招きするから

まぶた閉じる


こんなに僕は自由なのに

もどかしくてむなしさ胸に漂っている


いつか

恐竜のヘリコプターに乗って 名前もない星へ

誰も見たことのない よろこびを越えて

10年より ずっとずっと 長い "いちにち" 旅したい

はしゃぎすぎた後は そっと胸にしみてる


ビスケット見て近づいたのら犬の目が

想い出させたの君のしば犬を

ある日 突然町を出た心の友は 元気でいますか…

いつか逢えますか…


信じている


振り返る日と 向かう明日の真ん中には

最初から そう 何もなくて透明だった


いつか

恐竜のヘリコプターに乗って 名前もない星へ

誰も見たことのない よろこびを越えて

10年より ずっとずっと 長い "いちにち" 旅してく

今日という想い出が そっと僕になるから

あぁ町や 恋や 歌を もっと もっと もっと 確かめるために

足ばやに過ぎて行く雲に 少し乗り遅れてもいい

夢に揺らめく寒い孤独も今しかない

僕のノートからこぼれる

きっと 星になるはず

提供: うたまっぷ