歌詞

ROUGE

鈴木蘭々

作詞
森下研太郎
作曲
上野圭市

さえない夜と一人きりの部屋

テレビの音(こえ)は消音(け)したまま

Ah 壊れかけた左胸から

青いため息こぼれるよ

me(ボク)を見つめるもう一人の自分(ボク)

とまどいながら笑ってる

今は教えられたままのイメージ

瞳の奥まで嘘はつけない

ガラスのRouge

傷つく前に連れだして

君が思うほど強くはない

ガラスのRouge

ホントの自分(ボク)を見つけたいよ

誰のために?どこへ?

行けばいい?


透明色のヒビ割れた本音(こえ)は

自分(ボク)の気持ちを伝えない

まるで忘れられたメッセージ

気づかないままに流されてく

ガラスのRouge

壊れる前に抱きしめて

曇ったココロじゃ唄えないよ

ガラスのRouge

ホントの自分(ボク)を見つけたいよ

誰のために?何を?

すればいい?


ガラスのRouge

傷つく前に連れだして

君が思うほど強くはない

ガラスのRouge

ホントの自分(ボク)を見つけたいよ

誰のために?どこへ?

行けばいい?

提供: うたまっぷ