歌詞

サラギの灯

GLAY

作詞
TAKURO
作曲
TAKURO

枯葉散る 通い慣れた道 居場所なく 歩き続けた

またひとつ 恋の苦さを 噛み締めた 未練がましく


背中を少し丸めて いつの間にかここへ

よくある別れ話の 結末繰り返すように


秋の日のサヨナラは 涙ひとつこぼさずに

冬を待つ その刹那 違う誰かの腕の中


ゆれて ゆらめいて MY LOVE 心彷徨い続け

消えて 消えないで MY LOVE 恋人よ 何処へ


ささやかな暮らしの中で 本当に 幸せだった

夢纏(まと)う2人のそばで 明日さえ微笑んでた


気づけば 秋の足音 灼熱の恋を冷まし

大人同士の 歩幅合わせられずにいたの


寂しさも愛しさも 同じ季節に分け合って

幾千の夜の背を 2人静かに見送っていた


独りでは広過ぎて けれど2人では狭すぎる...

黄昏の部屋に似た 俺の心と重ね合わせた


秋の日のサヨナラは 涙ひとつこぼさずに

冬を待つ その刹那 違う誰かの腕の中


寂しさも愛しさも 同じ季節に分け合って

幾千の夜の背を 2人静かに見送った


せめて せめて 枯れ逝く 愛を抱きしめて

誰のせいでもないと 北風よ 伝えて

提供: うたまっぷ