歌詞

人類へ砲声

てるる...

作詞
渡辺豪
作曲
渡辺豪

太陽は光を山へ託し去る

それを記する時、我独り

この心、静寂の音に息を絶ちて

それを記する時、我は無知

さあ、帰ろう

さあ、走ろう


携えているものは、君への花弁と、

君を映す夕日と、一握りの風の音よ

この心、瞳が届かぬ果てにて

何を想って巧ち果てよう!


その言葉、誰が言おう

この偉大なる光の線と緑の歌声!

提供: うたまっぷ