歌詞

しゃがれムーン

BEGIN

作詞
川村真澄
作曲
BEGIN

しゃがれた月が昇る

名画座ビルの屋根に

優しい人が眠る

今 誰かの胸


あの日の夢はかすか

心の迷路の中

悲しみ 自慢したい

そう 夜もあるさ


ぼろぼろにちぎれてゆく

群雲さえ 愛しくて


大地の隙間へと

もぐり込む雨のように

ひそかな力を 信じているけど


風向きで汽車の音

聴こえる店で飲めば

この街に着いた日の

空 思い出すよ


すべてが最初でもなく

最後でもない毎日


荒野の果てよりも

遠い星 見つめてたい

大地の熱のように

胸の底は熱いから

誰より自分を

感じているのさ

提供: うたまっぷ