歌詞

太陽のチルドレン

BEGIN

作詞
真名杏樹
作曲
BEGIN

波をうつ草を蹴って

小さな ぼくは走る

Tシャツで汗をふいて

風より速く走る

鳥たちも目を覚まして

つばさの影が走る


みんな心配顔さ

きみのうちへ行くから


高いフェンスが消えた朝

空は澄みわたり

きみはSodaの泡みたいに

ほほえんだね アメリカ


地下鉄にゆられたとき

はるかな町を思う

ヘッドホンつけたままで

あの日のことを思う


みんな子供でいれば

戦争なんかいらない


白いフェンスの跡地には

空が広がって

きみとぼくを包むみたいに

光ってたね アメリカ


高いフェンスが消えた朝

空は澄みわたり

きみはブロンドをなびかせて

手をふったね アメリカ


きみはSodaの泡みたいに

ほほえんだね アメリカ

提供: うたまっぷ