歌詞

CAT WALK

CHAGE&ASKA

作詞
CHAGE
作曲
CHAGE

囁くように ベルが鳴る

彼女は 受話器を取る

わずかな 言葉だけ覚えて

甘い蜜の香り 星までゆらす


秘密の夜が 滑りだす

彼女は いつも待つだけ

断る理由は 探さない

ためらいがないと言えば 嘘になるけれど

くるくる変わる 彼女の瞳にはMOON


それから シャワーを浴びて

モノクロの服に 着がえて

赤いルージュを 2回ひいて

出かける後ろ姿は CAT WALK


彼女は今 非常階段を上る

愛の深さと 罪の深さにとまどう

KISSだけで 終わらない夜


夜が一番 似合う場所で

彼女は 女に変わる

視線を はずせない距離まで

あとどのくらいの 時間がかかるの

近くて遠い 幸せの上にはMOON


人気のない 廊下を

誰にも 気づかれずに

そっと 足音を忍ばせて

後ろにも瞳を光らせて CAT WALK


彼女は今 ドアノブに手をかけた

愛の深さと 罪の深さを味わう

KISSだけで 終われない夜

提供: うたまっぷ