歌詞

HANG UP THE PHONE

CHAGE&ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

ドアボーイの横を抜け 鍵を鳴らしながら

知らない誰かと 同じ箱に乗る


26時の部屋に戻って コートのままで指先はねた

真夜中のダイヤル つながらないベル


落書きのような 荷物を眺めて

靴を脱いだとき ひとりになった


役者のようなだるい背中で 伸ばした指が何度もはねた

真夜中のダイヤル さえぎられたベル


呼びつづけた見えない部屋 ワインが覚めてなおさら寒い

眠りのほとりで見た君は 疑問だらけの君さ


よくなりかけてた ふたりの間に

息をひそめてた 始まりが来る


はりつけられたベッドの上で 君の言いわけ考えていた

真夜中のダイヤル 疲れ果てたベル


あの日君を失えずに 許した愛がいまさら辛い

そしてまわりの奴たちは 僕をなぐさめてみる


僕の中が変わり始めた

君の思う僕が消えて行く


呼びつづけた見えない部屋は ワインが覚めてなおさら寒い

眠りのほとりで見た君は 疑問だらけの君さ

提供: うたまっぷ