歌詞

Sea of Gray

CHAGE&ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
CHAGE/村上啓介

今夜逢えなけりゃ 乾いちまう

なんでこんなに 欲しいんだろう

sometimes i get so afraid.


暗闇に浮かぶ階段を

激しい身振りで 駆け上がりたい

there is no place to go.


俺の病める脳みそには カミソリがない

何処かでグレイの釘を叩き込まれてる


小さな紙のコップで ワインを飲むように

味気無い満足に慣れてる 銀の器を忘れてる


街の電光掲示を見上げたら

帳尻合わせの偉い人が捕まった

everyone is so untrue.


デリケートな問題がデザートになる

女装の売春男が一生懸命になる


上手にスライスされて 並べられた真実さえも

全てを操っているような グレイの海に染められてる

グレイの海に染められてる


苛立ちを押さえながら 与えられた時代を行く

湿ったビルから吹く風に 俺たちは海を泳いで行く


グレイの海を泳いで行く グレイの海を泳いで行く

にがい鈍い光の中を行く

提供: うたまっぷ