歌詞

ぶつかって流れて川は輝く

BEGIN

作詞
真名杏樹
作曲
BEGIN

コーヒー飲んだら さあ

ここから漕ぎ出そう

過ぎて来た日々が

ゆび差すところへ

そうさ 気の向くまま


ぶつかって流れて川は輝く

木立ちがそよぐ秋も

君がいない冬も


心の近くには君がいる


岸辺で手をふる影

こたえる暇もなく

走り去る今の

もどかしさだけが

夢のオールならば


ぶつかって流れて人は輝く

焚き火に涙くべて

めぐり逢おう 春に

提供: うたまっぷ