歌詞

グラヴィティ

ポルノグラフィティ

作詞
新藤晴一
作曲
新藤晴一

「さあ その手を離して こっちにおいでよ」

銀の空中ブランコは夜空に弧を描き揺れる


近づいては離れる あなたの手に

受け止めて欲しいのに まだ一人揺れるのはなぜ?


私を強く引き寄せる力は今

暗い闇の底に待つ地面でしょうか

息をのんで 目を閉じて 飛び出してく


この体も この胸も ただあなたに惹かれ

迷わずに行けると思うよ 両手を広げて


ねえ 三日月ライトをそっと消したら

ぎゅっと肩を抱いててね 一人落ちてしまわぬように


私を強く引き寄せる力は今

確かに感じられる心の高鳴り

この闇は 優しいカーテン つつまれてく


いつからか時間が意味をなくしていたの

一秒と千年の間に違いはなくて


永遠でなくてもいい 限りある命と

愛しい時が流れて

小さな泡になって消えていく瞬間

それさえ愛したい


この体も この胸も ただあなたに夢中

手をならして 呼び続けてね 私はここに


いつからか時間が意味をなくしていたの

一秒と千年の間に違いはなくて

提供: うたまっぷ