歌詞

BLUE SKY

ポルノグラフィティ

作詞
岡野昭仁
作曲
岡野昭仁

僕らが乗っているバスはてっぺんを目指した

何マイルも進んで来たけど雲は晴れず霞んでいる

大切に持っている重過ぎるリュックサックが

このバスの速度を緩めギアを落とし空回る


Under the moonlight ここは暗闇のstation

そこに居座る主は言った「別れを告げる時が来たんだ」


バイバイ僕らの弱い少年の残骸を捨て

燦々と太陽が照らし出す下へと

決して易しくない てっぺんの蒼い空

一瞬で土砂降りに変わりまた晴れる


バスに乗って進める道はここで終わった

道なき道登るための術を僕ら見つけよう


Over the trouble 風は完全against

ならば帆を張れ 翼を生やせ 上昇気流にうまく乗っていけ


冒険をはじめたのは誰でもない自分で

舵をとる手 離すわけにはいかない

キリキリ痛み軋む 心の摩擦を

上々な気持ちにするのも自分だけ


バイバイ僕らの弱い少年の残骸を捨て

燦々と太陽が照らし出す下へと

決して易しくない てっぺんの蒼い空で

そしてまた登るべき頂を見る

提供: うたまっぷ