歌詞

Say something

氷室京介

作詞
TAKURO
作曲
氷室京介

そんなには気にしてはなかった wow

この愛に疲れ始めたオマエを

こんなにも焦る俺は今さら

強がりの他に何を言えばいい?


情熱で殴り合えば 着地のない愛が歪む


どんな言葉でもいい 何か話しておくれ

冷めた瞳の奥に 鈍色(にびいろ)の光

どんな思い出達が 今のオマエを作る

涙を隠さなくてもいいさ

Tell a truth & loneliness


始まりは誰にでもあるトキメキ

シマらない俺に微笑みをくれた

優しさは切なさをいつしか産んで

切なさは優しさで埋め合っていたね


どれぐらいの夜を数えただろう

どれぐらいの朝を迎えに行ったのだろう


SLOW DANCE 月はやさしく 踊る2つの影に

どんな時も愛を照らした ボサノヴァのよう

TAKE OUTのPIZZAで満たした 夢もDINNERも2人

それは幸せだった きっと幸せだった...


「独りでは重すぎる夜は

叶わない祈りの歌を...

"終わり"から"始まり"を探しても

戻せない時間が

オマエの香りさえも 奪い去ってゆく」


Blue Eyes Really Got Lonely...


どんな言葉でもいい 何か話しておくれ

冷めた瞳の奥に 鈍色(にびいろ)の光

どんな思い出達が 今のオマエを作る?

涙を隠さなくてもいいさ


Tell a truth & loneliness like a blues

提供: うたまっぷ