歌詞

workin'man blues

ASIAN2

作詞
TWENTY"20"/TATSU
作曲
TATSU

毎日が喧嘩 強く抱く幻想

手にとったペンと 書きなぐる言葉

上等なライム・フロー 生音をブレンド

ほこりと手あかまみれのBlues演奏

罵声飛び交う 労働者の戦場

肉体とメンタルへ送る挑戦状

不安が濁す 将来の透明度

時には弱音が気力をとうせんぼ


肌に触れる寒暖 人生とはCount Down

運命や文明のうずの中にStand Up

日々を変える判断 未来ってのは不安だ

そうだからこそ今 ライムする番だ

I just wonder...

金に目がくらんだ 権力者が欲しがんのは 女じゃなくウラン弾

それより俺は愛と人間を選んだ

歯をくいしばる 平凡な労働者のファンだ


I wanna be somebody…

I wanna be somebody…

Oh somebody…


今日も日が暮れるまでの真剣な勝負

終わりゃ仲間とバカ話にジョーク

笑い 人情 涙のフルコース

それが乾いた人生すら潤す

疲れ 充実感と眠る毎晩

日々を全うする事は偉大だ

働けど 決して裕福ではないが

俺を取り巻く この全てが財産


それはまるで終わらない坂道のように

始まる 月火水木金土曜日

帰れば 女の甘い ニオイと料理

そこには人生と核心への距離

政治家に取締役 実業家

人生にはいくつ肩書きが必要か

金とふっかふかのイスとブタ

これは労働者に捧る 金色の歌


I wanna be somebody…

I wanna be somebody…


浅い思考のまま ただしれーっと

金、服、酒にだらしねえと

見下す 自称指導者 司令塔

ブタの餌にもなりゃしねぇよ

労働者が積んだ黄金は

地位、名声よりも壮厳だ

Democracy, Money game, No more war

言う事だけは上等だ


I wanna be somebody…

I wanna be somebody…

your somebody…

提供: うたまっぷ