歌詞

FIRST FINALE

杉山清貴&オメガトライブ

作詞
有川正沙子
作曲
林哲司

見つめ合う間(ま)に 時間(とき)は過ぎゆく

入江のいつも君を待たせた 店の名前も変わった


消しては灯す 想い重ねて

あの時肩にかけたジャケット 涙のしみはもう無い


愛の意味さえもつかめずに 波は砕ける

いつもこの僕が言い出せるように導く

そのやさしさが好きだよ


ドアを開ければ 自分に戻る

ふたりで生きるよりも互いに それぞれの夢選んだ


君は想い出のドレスへと 着換え終わって

とても綺麗だよ 風は今君を彼方へ連れ去るけれど…


灼けた素肌になぞるイニシャル真夏の渚

君を泣かせた週末のカフェ 秋の気配に

誰かに恋を奪われそうな 9月のハイウェイ


灼けた素肌になぞるイニシャル真夏の渚

君を泣かせた週末のカフェ 秋の気配に

誰かに恋を奪われそうな 9月のハイウェイ

提供: うたまっぷ