歌詞

BORDER LINE

杉山清貴

作詞
大津あきら
作曲
杉山清貴

細い君の背中越しの窓辺に

白い舟が滑る海のカフェ

"悪いのは私ね…"と言葉を詰まらせた


別の胸に急ぐ君の横顔

少し大人びた憂いの色

陽崩れに褪(あ)せてくね

二人の夏だけが


Ten Minutes to Border Line

10分後(あと)に

渚から消える君なら

Hot Lovers in Summer Line

戯(はしゃ)ぐこの店

君が呟く「サヨナラ」だけが聴き取れないのさ


夏の煌(きら)めきと笑い声連れて

皆んな店のドアを開けるのに

君だけが西風に

心を閉じたまま


Ten Minutes to Border Line

見知らぬ彼に

急いでいいよと告げたら

Hot Tears in Summer Line

席を立てない

君の涙が哀しいくらい綺麗に見えたよ


kissing on the sandbeach

we had dreams and fell in love

close your eyes. remember anyday...


Ten Minutes to Border Line

10分後に

新しい恋人(ひと)の胸へと

Ten Minutes to Border Line

優しさだけで

もう繋ぎ止められないね


Ten Minutes to Border Line

10分後に

新しい恋人(ひと)の胸へと

Ten Minutes to Border Line

優しさだけで

もう繋ぎ止められないね

提供: うたまっぷ