歌詞

朝の光、風の匂い

K

作詞
立田野純
作曲
K/松尾潔

朝の光が 君を呼び覚まして

風の匂いが ふたり連れ出すのさ

月のあかりは 不機嫌にささやき

星のまばたき 街を眠らせるよ


もしも僕のこと 不意に見失ったとしても

戸惑わないで 僕らはつながっているから


こんな気持ちは きっと初めてだよ

君の瞳に 僕が映っている

明日晴れたら すぐに海へ行こう

虹のつづきを 僕と追いかけよう


雨の記憶が 僕を沈ませても

君の笑顔が ヒカリ運んでくる


たとえ僕の目が 曇って見えない時だって

悲しまないで ふたりの景色はひとつだけ


こんな時間を ずっと待っていたよ

君が伸ばした その手握りしめる

僕の名前は 素敵な名前だと

君に呼ばれて 初めて気づいたよ


踏みしめた落ち葉が 乾いた音をたて

まるで 僕たちに拍手をしてる

そんな気がするよ 君といるだけで


こんなふたりは 誰も知らないけど

君の瞳に 僕を映している

明日はどんなことが待ってるだろう?

虹のつづきは 僕と確かめよう

提供: うたまっぷ