歌詞

voice

ケイタク

作詞
ケイタク
作曲
ケイタク

やわらかな春は彩り 光にあふれてる

涙乾く頃君のとこにも

舞い降りるひとひらの花 届けたい想いが

空高く風に浮かぶように


僕らがみている景色の中に 色んなことが過ぎてゆくよ


何処までも続いているこの空に 叫ぶ僕らの声が

風になり背中を押すよ

胸の真ん中に確かにある想いが

いつまでも強くあることを信じていけばいい


大人になればいつの日か 強くなれるなんて

救いのない言葉に甘えそうな時

水面に映る青空を見下ろしてるだけじゃ

本当の色は見えてこない


言葉に出来ずに消えゆくブルー 行方もわからず黄昏てる


いつまでも変わらないあの夕陽へ 走る僕らがすぐに

影になり闇に溶けても

胸の真ん中に確かにある想いは

いつまでも照らすだろう 明日へ続いてる道まで


何処までも続いているこの空に 叫ぶ僕らの声が

風になり背中を押すよ

胸の真ん中に確かにある想いが

いつまでも強くあることを信じていけばいい

提供: うたまっぷ