歌詞

魂の本

中村一義

作詞
中村一義
作曲
中村一義

風が止んで、死んだふりしてたら、飛んだ。こう、両手で。

世知辛い世か知んないが、待ってないんじゃ、やってんだ。


電線の束、今日の赤、痛い状態は直感で。

箱ん中ってなぁ重傷で、もう、さっぱわかんないからねぇ。


なにも、かにも?(押し入られ、押しやって。)

ただ僕等は絶望の"望"を信じる。

なんか、わかんないかなぁ…って。


風が止んで、落っこったって、いいや。って、ねぇ涙君。

僕は魂の本に今日のみんなを記すんだ。


何遍言ったって通じやしない、ってこたぁ置いといて、僕ぁ言う。

追い越されっとか、そんなんは、もう、さっぱわかんないからねぇ。


「だれも、かれも…」(空っぽに、噛みついて。)

この言葉の続きを綴る、ただの自由へ。

なんか、わかんないかなぁ…って。


(幸せを、笑みを、守る。)


「そんなのない」って、そうだっけ!?もう…。

ただの地球で??

「なんにもない」って聞いたって、もう、

あんま関係ない冗談、わかんないからね。

提供: うたまっぷ