歌詞

夏休み

THE 虎舞竜

作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ

だれでも楽しみにしてた 小さい頃の夏休み

秘密のかくれ家を作って 遊んでいたのに


自転車で走り回ってた 原っぱはすぐに無くなって

アスファルトにおおわれて 面影もない…


あー待ちどおしい あー幼い日の夏休み


煙草を吸い始めたのは 中二になった夏休み

大人になった気がしたけど 咳こんだだけで


好きな女の子が出来て 電話をかけてみたけれど

つながった瞬間に切った 気が小さくて…


あー切なかった あー幼い日の夏休み


高校に入った頃には 体だけは大人になって

使いもしないコンドームを ポケットに入れて


花火大会のあった夜 酒に酔ったいきおいだけで

好きでもない女の子と 愛もないまま…


あー虚しかった あー青い時代(とき)の夏休み


二年も片想いしてた あの娘と過ごす夏休み…

「前から好きだった…。」と言われ 胸が痛んだ…


「どこか遠くに連れてって…。」と 俺のバイクに先に乗って

またがる俺に呟(つぶや)いた 「私をあげる…。」…と。


二人は街のはずれにある 安いホテルの部屋に入り

言葉も交わさないうちに 口唇重ねた…。


あー夢のような あー愛を知った夏休み


ある日あの娘は何も言わず 連絡もない日が続いて

電話をかけても取り次いで もらえないまま……


俺はあの娘の家の前で 何日も待ち伏せていた

やっとあの娘が出て来た瞬間(とき) 声もかけれず…


目には涙を浮かべてた まるで犯罪者みたいに

両脇を抱えられたまま タクシーに乗る


母親と回りを気にして 病院に入って行った

そして「中絶」という名の 判決を受けた


次の日速達が届く もうすぐ終わる夏休み

どう見てもあの娘の字じゃない 「もう会えない…。」…と。


あー愛も夢も あー引き裂かれた夏休み

あー愛も夢も あー引き裂かれた夏休み…。


あー愛も夢も あー引き裂かれた夏休み

あー愛も夢も あー引き裂かれた夏休み…。

提供: うたまっぷ