歌詞

Breezy Night Journey

Tourbillon

作詞
RYUICHI
作曲
RYUICHI

どれくらいの時間を越え あの場所に辿り着くの

大きな幹たずさえた 長い枝 繁る緑 そよぐ木陰


哀しみさえもない 空浮ぶ楽園


雲間からさす光は 天上の音

孤独さえ愛しく さえずる小さな鳥

あの丘への道を知っているのか?


満ちた月とうさぎの夜に 物語をたどる


痩せてく人の心でも 行き先は思い出せる


この胸ひびき続ける 呼ぶ声を落とさぬように 歩みたい


喜びはこの雨 僕の罪を赦す?

この空の彼方に 願いを込めて

終わりある人生に 託された地図を

この雨の終わりに 旅に出よう


落ちた月とうさぎの夜に 空の扉開く言葉が 見つかるまで


残されたこの記憶のかけら 僕をなお夢中にさせるよ

名も知らぬ花が咲いてる 雲の上の丘を目指して

頬を打つこの風の向こうに 今 愛を詩にするよ


あの丘に帰り着く その日まで 天(そら)に叶う言葉をかざして


降りそそぐ光に この丘は目覚める

憂い無き未来に もう一度逢おう

かわりなどいないよ あなたしかいないよ

そう言えた 自分を愛(いつく)しんで


僕が消えた未来の天(そら)に 愛の詩が聞こえたのなら 時を越えて


星空よ 裁いて

提供: うたまっぷ