歌詞

La caleche~春の雪~

ALI PROJECT

作詞
Arika Takarano
作曲
Mikiya Katakura

革張りのシートに

凭れかけ 映した景色は

仄冥い柩の底から

見上げているよう


人の騒めき

木々揺らす風の囁き

蹄の音

すべて消えて

この世には

沈黙だけ満ちています


気の遠くなるほどの長い長い道のりを

いつまでもただひとり向かうのは

わたしの世界のなか

生きて生きておられる

あなただけなのです


召されゆく定めの

幕間を畏れはしません

また永遠を 目覚めて

結ばれしを願えばこそ


絹の手套はずし受ける

窓に踊る わが心の

欠片ような春の雪

幾ひらも握りしめては


気の狂れんばかりの永い永い時の道

一条のひかり辿りつづけて

馬車を牽き走れ走れ

四頭の白馬よ

翼を得る日まで


胸が裂けるほどの悦び哀しみ抱いて

いつまでもただひとり向かうのは

わたしの世界のなか

生きて生きておられる

あなただけなのです


馬車を牽き駆けて駆けて

四頭の白馬が

翼を得る日まで


いつか

空は黄金に染まり

天馬たちは飛び立たん

提供: うたまっぷ