歌詞

CHAGE&ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

背中の声に 耳を押えて

雨の階段 駆け降りた


冷たく輝く アスファルト

涙のつぶは 吸い込んだ


別れの棘を 握りしめて

わずかなぬくもり 捜しながら


ひどい話だと 叫んでみたのに

あなたの顔さえ 浮かんでこない


あなたの嘘なら 最後まで

信じたふりでいたかった


震える心が 寒すぎて

自分の肩を 抱いてみた


別れの棘を 握りしめて

わずかなぬくもり 捜しながら


心の隅では 知らない誰かが

あなたの残した 棘をかばうの


別れの棘を 握りしめて

わずかなぬくもり 捜しながら


心の隅では 知らない誰かが

あなたの残した 棘をかばうの

提供: うたまっぷ