歌詞

21世紀

CHAGE&ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

輝やく星たちが見守る南の海で

僕は女神と不思議な出逢いをした

緑の長い髪 夜の風に遊ばせ

悲しい唄を一人歌ってた歌ってた


あなたは僕に向って何か語りかける

だけど それは少しも解らない

あなたの頬つたう 涙見た時にはなぜか

未来(あした)の不安を少し感じた 感じた


夜の魔法の世界に惑わされてるようだ きっとそうさ

立ち去ることも出来ず ただあなたの瞳見てた

21世紀に愛の唄はありますか

21世紀に愛の唄はありますか。


それからどのくらい時は回っただろう

あなたの歌に遠い夢を重ねてた

つまびく竪琴は人の世の心を

あらわすかのように 鳴らなくなった 鳴らなくなった

だけど僕は未来を信じていたいのです

これは たわいもない一夜の夢だから

あなたの落とした涙 それは恋に破れた

乙女の涙と僕は受けとろう 受けとろう


夜の魔法の世界に惑わされてるだけさ きっとそうさ

響かぬ竪琴ならば無理に鳴らさないで これ以上

21世紀の愛を今こそ歌おう

21世紀の愛を今こそ歌おう

提供: うたまっぷ