歌詞

MARGARITA

CHAGE&ASKA

作詞
松井五郎
作曲
CHAGE

バラの似あう おまえとひと目惚れで

かわした熱い夜が まちがいさ

枕を抱き ひとりでめざめた朝

ふところは もぬけのから 一文無し

何処へ何処へ何処へ何処へ おまえは行ったんだ

俺の俺の心も 盗んだままで(yeah)

バラの似あう女をみかけたなら

そいつの甘い唇(くち)に 気をつけろ!


悪い女と知りつつ なぜか胸は

ときめく 逢いたいのさ おまえに

何処へ何処へ何処へ何処へ 逃げてもあきらめぬ

俺がおまえの心を 奪うまでは

バラのようなおまえの棘にチクリ!

やられたその痛みも 愛しい


悪い女と知りつつ なぜか胸は

ときめく 逢いたいのさ おまえに


山を越えて 丘を越えて地の果てまで

追いかけ 逃がさないぜ お前を

提供: うたまっぷ