歌詞

花暦(はなごよみ)

CHAGE&ASKA

作詞
松井五郎
作曲
CHAGE

春は一夜(ひとよ)の桜(はな)の宴(えん) 浮世の盃 花をつぎ

秋は楓の舟をだし 河流(かりゅう)の旅人 歌に読む

幾歳月(いくとしつき)が過ぎゆくとも 人はさみしい荒野原

わたしは風 たったひと吹きで

いにしえを 舞いあげて

わたしは風 たったひと吹きで

心に彩(あや)をそえる


夏はまぶしい娘等を 百合の香りに包み込み

冬は紅さす恋の女(ひと) 風花一輪 簪(かんざし)に

想い焦れて時が熟すとも 人は咲かせる花がない

わたしは風 たったひと吹きで

いにしえを 舞いあげて

わたしは風 たったひと吹きで

心に彩(あや)をそえる

提供: うたまっぷ