歌詞

no doubt

CHAGE&ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

ここに君は頭をのせ 寝息をたてた

僕の肩は君が見つけた 隠れ家のようだった


いつもふたりは 友達のように話ができた

ソファの隅で 傾く本になって


生まれ出た意味さえも 感じたのに


僕らは夏の肌が消えるように 別れた

"恋人のようだ"なんて

さよなら言えずに ただテレビ見つめて並んでいた


僕の物を 君が自分の物のように

使うことが 訳もなく嬉しかった


溶けながら ひとつになったようで


僕らは愛の色を 伸ばしながら通り抜け

絵の具が切れたとこに

たたずんでいた 空と海を分ける線のように


この肩には 柔らかな重みがある

君が僕に残したもの


僕らはきっとあの恋を閉じ合った

思い出を愛せるように


僕らは夏の肌が消えるように 別れた

僕らは夏の肌が消えるように 別れた


僕らは愛の色を 伸ばしながら通り抜け

絵の具が切れたとこに

たたずんでいた 空と海を分ける線のように

提供: うたまっぷ