歌詞

分身

柴咲コウ

作詞
柴咲コウ
作曲
重住ひろ子

目障りだよと消し去る

黒板の粉たちが

今のきみを作ったのは僕らだよと あざ笑っていた


長い睫毛がひたすら重なり

陰をつくる

パターンをつないで好むのはやめて余計

1人が楽になる・・・


かたちにはまらないやり方もある

丸を描けずに泣き―


どこの誰かも解らぬ風貌で

森のさまよい 空喰い潰す

欠けていく碧


今は連れ人いなくて いいのだと髪とかす

たまに耐えられない夜があったとしても

ふところは装う


身近な場所に理想はほぼ皆無

僕が脆いうちは・・・


人に迷惑さえ掛けてなくとも

赦されなくてときに苦しい

―言い訳はない


―夢に、興じ、目醒め―


長い睫毛が微かに震えだす

麻の匂いを抜けだし、今日も

冷えた教室―

提供: うたまっぷ