歌詞

Re-Cool HABANA EXPRESS

寺尾聰

作詞
Masako Arikawa
作曲
Akira Terao

煙草をくわえて 窓を上げたら

ようやく自分に戻った気がするぜ

あんなに たやすく 別れをぶつける気ままなおまえに

勝てはしない


出会いは南の嵐のようで

根こそぎ昨日をさらった恋さ

このままおまえと 生きてもいいとは

俺らしくもない 夢を見てた


Habanaの風に酔い

ただ おまえと眠っただけさ

終わりのない恋なんて 多分恋じゃないぜ


黄色い畑のうねりを見ていると

おまえの熱い身体を思い出す

陽よけを下ろして 抱き合う部屋では

まるで時間さえ止まっていたぜ


明日の行方を占うカード

わかっていたのさ 駄目になるって

ひとつところに落ちつける筈もないのさ そいつが

俺の運命


Habanaの 風はまだ

無邪気におまえを連れてくる

傷つかない恋ならば しないほうがいいぜ


ブルーな気分におかまいなしに

レールの響きは 希望を刻む

陽気なおまえの 恋物語に

ふたりで笑った夜も あったぜ


雑誌のすみに書いたアドレス

考えあぐねて 風にちぎった

どうやら こころを 立てなおす頃に

黄昏近づき 次のStation


Habanaの風はいま

ひとつの色に染まりだす

燃やしすぎた恋だから きっと忘れないぜ

提供: うたまっぷ