歌詞

自転車

WaT

作詞
WaT
作曲
WaT

静かに冷えて白く凍る道

かじかむ手ハンドル握りしめ

自転車走らせていつもの角を曲がれば


家の前で一人待つ君

少しよろめいて二人乗り

こんな日常がずっと続くような気がした


やがて年が明ければそれぞれの道歩き出すのかな

あたりまえの現実なのに目を逸らしてた


君と過ごしてきた日々がいつか思い出に変わるなら

あのとき僕はもっと君に想いを伝えたかった

過ぎた日は今でも胸の奥でひそかに息をして

耳をすまして片隅の声に振り向けば

そっと君が笑う


暮れなずむ河面は紅く染まり

帰り道君と草の上

自転車とめたまま何を話しただろう


あの頃君が語った未来に僕は居なかったのかな

いつの間に大人になってゆく君に気付かずに


思い出はいつも少しだけの後悔と切なさを

歓びと同じだけ重ねたまま伝えようとしている

君が笑っていたあの夕暮れ自転車帰り道

こごえる手繋いだ時の君の温もりは

きっと忘れないよ


君と過ごしてきた日々がいつか思い出に変わるなら

あのとき僕はもっと君に想いを伝えたかった

過ぎた日は今でも胸の奥でひそかに息をして

耳をすまして片隅の声に振り向けば

そっと君が笑う

提供: うたまっぷ