歌詞

9月の海

酒井法子

作詞
具島直子
作曲
具島直子

やすらぎに今 ふれたくて

足をはこんでいた 9月の海

すいこむ潮の香り 指先にまで

溶けてゆく


少し高くなった 空から降る

光が染めてゆく 波を見たら

心のなにもかもを

捨ててしまいたくなった


一人きり過ごす時を この海に流して

いっその事 他の誰かを

愛せたら 愛せたなら


暖かい視線に 見守られながら

波と子供が たわむれてる

かすかに聞こえてくる

笑い声 風がさらう


幼い日に夢見てた

愛は遠いかなた

思い一つ守りぬくことが

どうして こんなに


やすらぎに今 ふれたくて

足をはこんでいた 9月の海

はてなく広がるのは

あの人の好きな 青

提供: うたまっぷ