歌詞

金魚をすくう

松崎ナオ

作詞
松崎ナオ
作曲
松崎ナオ

あっ 風が吹いた

私を連れて行くんだね

「連れて行けないよ。」

どうして私以外のものばかり

さらってしまうの? しまうの


あっ 風が吹いた

木漏れ日の真ん中に立っている気分さ

光と影がある場所は一瞬にして変わってしまうの?

空見て 花見て

見たことないの


私はそんなに惨めじゃないわ

かわいそがって同情しないで

あなたの色に憧れただけ

四角て狭い水槽の中


(ボクはあなたに何かしてあげられただろうか)


力強く一歩前に踏み出す事が

こんなに難しいだなんて思わなかった

ただ一人を愛し続けたとても美しい人

ボクはあなたの様になりたいんだと思う


あっ 風が吹いた

木漏れ日の真ん中に

立っている気分さ

提供: うたまっぷ