歌詞

東京の空

松崎ナオ

作詞
松崎ナオ
作曲
松崎ナオ

風が吹いた時 空を見上げてた

鳥が鳴いた時 すぐに追いかけた


道で死んでいた

ネコを抱き締めて

それでもボクは

泣くことができないよ


何故に雪溶けは

知らずのうちに

この景色に塵を

もどしてしまう


何処に生まれても

誰に生まれても

ボクはここにいる

君はそこにいる


窓に見える空が

海だったら

こんなに意味もなく

切なくなったりしない


窓に見える空が

海だったら

いつも心豊かに

泳いでいれるのに


忘れないでいてよ

生まれたこの国を

忘れないでいてよ


東京の空

提供: うたまっぷ