歌詞

希望ヶ丘の風

CORE OF SOUL

作詞
Fukko/Song Rui
作曲
Song Rui

朝一番の風が見たくて

夜明け前君と待ち合わせた


街を見渡せる希望ヶ丘へ

霜柱踏んで笑いながら


何百年後 何千年後

たとえ僕ら石ころになっても

祈るように地球は回る


遠く遠くピリオドの向こうから

強い光 太陽が顔を出す


冷えた両手をヘッドフォンにして

止まらない風の歌を聞けば


どうもありがとう 胸が痛いよ

遠回りしても出逢えたから


何百マイル 何千マイル

先の願いへ ページをめくってく

物語が今始まる


遠く遠くピリオドの向こうから

強い光 太陽が顔を出す

それは一瞬で 無限の一瞬で

瞬きと言葉忘れた

真っ白なカイト雲抜けて

飛んでゆくよ

飛んでゆくよ


この手と空がつながった


高く高く小さくなってゆくよ

白いスカイライン 行くべき道が見える


遠く遠くピリオドの向こうまで

強い光 太陽に手を伸ばす

それは一瞬で 無限の一瞬で

舞い上がる自由見つけた

手放したカイト雲抜けて

飛んでゆくよ

飛んでゆくよ

提供: うたまっぷ