歌詞

鎮魂頌

ALI PROJECT

作詞
宝野アリカ
作曲
片倉三起也

愛する者を

守りぬくため

僕らは命を

投げ出せるだろうか


この手に握る

平和という名の

剣をかざして

戦うのだろうか


生まれくる前の我

それは今ここに

眠る英霊か


真白き鳩が

舞い降りるたび

さわぐ梢の間

真昼の月


迷える小径

たどりついた地で

遠い兄のような

声を聞く

ああ君 我の代わり生きよと


頭を垂れて

祈りつづける

老いし人の背に

ゆらいだ陽炎


終わりなき悲しみを

包み抱くのは

誰が眼差しか


蝉時雨だけが

降り注ぐ日の

まばゆい空の

青さが染みる


さまよう心

呼び戻した地に

優しい姉のような

唄を聞く

ああ君 死にたもうことなかれと


真白き鳩が

飛び立ってゆく

翼の先の

光に向かい


忘れることなき

涙の川の

果てない流れを

人は渡り


生きる果敢なさ

生きる尊さを

巡る時のなか

僕らは知る


迷える小径

たどりついた地で

遠い兄のような

声を聞く

ああ君 己がため強くあれ

提供: うたまっぷ