歌詞

荒城の月

松木美音

作詞
土井晩翠
作曲
滝廉太郎

春高楼の 花の宴

めぐる盃 かげさして

千代の松が枝わけ出でし

むかしの光 いまいずこ


秋陣営の 霜の色

泣きゆく雁の 数見せて

植うる剣に 照りいそし

むかしの光 いまいずこ


いま荒城の 夜半の月

かわらぬ光 誰がためぞ

垣に残るは ただかつら

松にうたうは ただ嵐


天上影は 変らねど

栄枯は移る 世のすがた

写さんとてか 今もなお

ああ荒城の 夜半の月

提供: うたまっぷ