歌詞

サヨナラの向こう

タッキー&翼

作詞
森元康介
作曲
森元康介

屋上から見上げたはるか遠い未来は

あまりにもろくてはかなくて 夢のように思ってた


悲しみの意味を知り いつしか大人になる

「サヨナラ」が響く 陽射しがやけにまぶしかった


何度 季節が過ぎ去ろうとも僕らの想いは永遠だろう?

そう信じてる ただ信じてる 確かな想いはこの手の中

思い出の欠片を そっと抱きしめて


夕暮れのグラウンド やわらかく染まる頬

ゴールの向こうにいつでも君の影が揺れていた


何もかも愛しくて 何もかも怖かった

どうしていいのか分からず傷つけてしまった


一度きりだと知っていたならもう少し優しくなれたのかな?

でも本当に ただ本当に どうしようもなく好きだったから

「ごめんね」の言葉をぐっと飲みこんだ


「サヨナラ」が響く 陽射しがやけにまぶしかった


何度 季節が過ぎ去ろうとも僕らの想いは永遠だろう?

そう信じてる ただ信じてる 確かな想いはこの手の中

思い出の欠片を そっと抱きしめて


サヨナラの向こうへ

提供: うたまっぷ