歌詞

はじまりのブーツ

怒髪天

作詞
増子直純
作曲
上原子友康

くたびれたブーツのカカトで アスファルト ラインを引けば

ここからが始まりなんだ 何度でも走り出せるさ


青くせェ夢に焦がれて この街に転がり込んだよ

故郷の訛りが残る 生意気なガキだった頃


新しい街で闘う勢いが ひとつ欲しくって

憧れのブーツを買った どこまでもいける気がした


今じゃ雑踏の中 踏まれて傷だらけさ

靴底がすり減るみたいに 明日まですり減ってしまいそうだ


くたびれたブーツのカカトで アスファルト ラインを引けば

ここからが始まりなんだ 何度でも走り出せるさ


どんな日もコイツといれば 少しだけ心強かった

つまずいて転ぶ事さえ ビビらずに飛び込めたのに


似合わねェ背広に合わせ テキトーな靴を履いてから

退屈な足音だけが 毎日に響き始めた


ゴメン ほったらかしで 忘れたワケじゃないぜ

久しぶり履いたらナゼだか ポロポロと涙こぼれ落ちた


くたびれたブーツのカカトで アスファルト ラインを引けば

ここからが始まりなんだ 何度でも走り出せるさ


くたびれたブーツのカカトで アスファルト ラインを引けば

ここからが始まりなんだ 何度でも走り出せるさ

提供: うたまっぷ