歌詞

真っ赤な空を見ただろうか

BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央

溜め息の訳を聞いてみても 自分のじゃないから解らない

だからせめて知りたがる 解らないくせに聞きたがる


あいつの痛みはあいつのもの 分けて貰う手段が解らない

だけど 力になりたがるこいつの痛みも こいつのもの


ふたりがひとつだったなら 同じ鞄を背負えただろう

ふたりがひとつだったなら 別れの日など来ないだろう


言葉ばかり必死になって やっと幾つか覚えたのに

ただ一度の微笑みが あんなに上手に喋るとは


いろんな世界を覗く度に いろんな事が恥ずかしくなった

子供のままじゃ みっともないからと爪先で立つ 本当のガキだ


夕焼け空 きれいだと思う心を どうか殺さないで

そんな心 馬鹿正直に 話すことを馬鹿にしないで


ひとりがふたつだったから 見られる怖さが生まれたよ

ひとりがふたつだったから 見つめる強さも生まれるよ


理屈ばかり こねまわして すっかり冷めた胸の奥が

ただ一度の微笑みで こんなに見事に燃えるとは


ふたりがひとつだったなら 出会う日など来なかっただろう


大切な人に唄いたい 聴こえているのかも解らない

だからせめて続けたい 続ける意味さえ解らない


一人で見た 真っ赤な空 君もどこかで見ただろうか

僕の好きな微笑みを 重ねて浮かべた夕焼け空


ただ一度の微笑みに こんなに勇気を貰うとは

ここまで喉が震えるとは

提供: うたまっぷ