歌詞

きらめく世界

メレンゲ

作詞
クボケンジ
作曲
クボケンジ

海が見える 小さな街

水平線を低空飛行 うみねこが飛んでる

誰もいない午後の海で

キミと遊ぶ うみねこになる でもどこかさみしい眼


サヨナラとかじゃないのに胸が鳴ってる

キミに手が触れて 伝わるリズムだよ

笑ってるの? 泣いているの? 黙ってても 分かってよ


そうしてキミは 数センチの 雨を降らす

どこまででもキミを守る それだけでいいかなって思えた


海が見える 小さな街

水平線がシーンを刻む 波の音がフィルムをまわす

反射する 水面の光

ストロボできらめく世界 キミは少し笑った


どこにでも落ちてる 使い捨ての愛に

命を吹き込む 午後6時の魔法

夕暮れは 赤と黄色が待ち伏せてて 綺麗だった


遠目で見ても 分かるくらいのグラデーション

こんなふうにキミとボクも混ざりあえたらな いいのに…


胸の奥で響き合う 胸の奥同士のグラデーション


そうしてキミは 数センチの 雨を降らす

「とても暗い海の底に 引き戻されるのが恐いの….」

大丈夫、キミは溶け合って ボクになる

どこまででも 近くなって ただその命を燃やすんだよ

提供: うたまっぷ