歌詞

月がゆれる

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

「ねえ 私の向こう側に

あなたは いつも何を見つめているの?

抱きしめた あなたの背中に

涙が止めどなく こぼれてくるわ」


「こんなに人を愛してしまったのは 生まれて初めてだから

どうしていいか 分からなくて あなたに嫌われるのが怖いの」

幾つも幾つも 口唇を重ねるたび

遠くへ行ってしまいそうで


行かないで 行かないで 何処にも

傍にいて 傍にいて このまま

あなたと歩く街に 月がゆれる


乱れたまんまの お前の黒髪を

愛おしく優しく撫でる時

俺は明日を強く信じられるんだ

そして お前の寝息を見つめているよ


頼むから 人を愛する事をそんなに怖がらないで欲しいんだ

俺の胸にしがみつき 震えてるお前の小っちゃな肩を

ずっと ずっと 強く 強く

抱きしめてあげるから


泣かないで 泣かないで これ以上

行かないさ 行かないさ もう何処にも

お前と歩く街に 月がゆれる


泣かないで 泣かないで これ以上

行かないさ 行かないさ もう何処にも

お前と歩く街に 月がゆれる

提供: うたまっぷ