歌詞

枯れ葉

サニーデイ・サービス

作詞
曽我部恵一
作曲
曽我部恵一

枯れ葉が舞い散ればきみは気づくだろう

その部屋を季節が通り過ぎ染め上げて行ったのを

灰色のじゅうたんにコップを並べて

思い出すのはなんのこと 教えてくれないか?


洗った髪濡らしたまま ひとりぽつんと

お茶でも入れようかと考えている


枯れ葉の季節にだれかは旅に出る

恋人を遠くに残したまま氷の季節へと

氷の季節へ


壁にかかった絵はだれが描いたんだい?

物語をはなすのか はなさないのか


洗った髪濡らしたまま ひとりぽつんと

お茶でも入れようかと考えている


枯れ葉の季節にだれかは旅に出る

恋人を遠くに残したまま氷の季節へと

氷の季節へ


枯れ葉が舞い散ればきみは気づくだろう

その部屋を季節が通り過ぎ染め上げて行ったのを

提供: うたまっぷ