歌詞

八月の息子

サニーデイ・サービス

作詞
曽我部恵一
作曲
曽我部恵一

だれもいない海辺に藍色の足跡

鉄の空横切った赤い地平線

いつまでも続きそうな泡立つ日々だった


細長い列車は遠い季節へと急ぐ

ずっと忘れてただれかのことを思い出す

いつまでも続くような長い長い日々だった


近づくほど遠ざかる夏

あぁ 八月の息子は歩く


かげろうがゆらり手を振った白い水平線

蜃気楼がじりじりと忍び寄ってくる

悪いのはあの季節 燃えるようなこの心


過ぎるうちに近づくんだと

そう八月の息子は思う


見つかった? 見つからない

何がある? 何もない 夏の日々

見つかった?

見つからない

何がある?

何もない

夏の終わりに。

提供: うたまっぷ