歌詞

nostalgia

FictionJunction YUUKA

作詞
梶浦由記
作曲
梶浦由記

空の果てまでもうすぐ

寂しい太鼓が響く頃

ふいに透き通る胸の

贖いに耳を傾けて


優しさの降り注ぐ秋の日の夕暮れに

どうして生まれも知らず

切なさはこみ上げる

迷わずに歩けたら遠くまで行けるのに

枯れた涙の静寂で

歌い続ける

nostalgia


どうか信じないでいて

私の涙も溜息も

きっと人よりも少し

儚い気持ちが好きなだけだから


青ざめた窓際で忍び泣く旋律は

幸せの影残して愛の夢を弔う

一人ずつ歩けたら遠くまで行けたかな

振り返る白い頬に

口付けるのは

nostalgia


優しさの降り注ぐ秋の日の夕暮れは

消えて行きたくなるよな寂しさを甘やかす

迷わずに歩けたら遠くまで行けたかな

深すぎる空の下で

歌い続ける

nostalgia

提供: うたまっぷ